十勝のグルメ

『なつぞら』のお菓子屋・雪月のモデルは六花亭だと思った理由

十勝民おかめです。NHK朝ドラ『なつぞら』毎朝楽しく見ています。

おかめ
おかめ
ついに帯広も出たね!
たろう
たろう
雪月ってどこのお店がモデルなんだろう?

帯広で安田顕さん演じる小畑雪之助が営む雪月。名前からすると柳月っぽいですよね。

でも、雪となると六花亭でしょう。なぜなら、六花とは雪の結晶の別名でもあるからです。

雪月のモデルは柳月なのか六花亭なのか?考えてみました。

『なつぞら』のお菓子屋雪月のモデルは六花亭?

十勝には柳月と六花亭というお菓子の二大老舗メーカーがあります。

そして、六花は雪の結晶を表す言葉でもあるので、柳月と六花亭を足して2で割ったのが雪月なのかな?と最初は思っていました。

六花亭

↑六花亭の喫茶室では「ゆきやこんこ」というお菓子のチーズバージョンが食べられます

しかし、NHKの小畑雪之介の人物紹介では、雪月は泰樹の牛乳やバターを使った創作菓子で、これから大きくなるお店の設定となっています。

そして、父の代から和菓子屋を営んでいた、という設定です。これを聞いた時、あ、六花亭がモデルなんだ、と思ったのです。

実は六花亭、千秋庵という和菓子屋さんからのれん分けしてできたお店なのです。

そして、創業自体も戦後の前なので、雪月の設定にぴったり合います。柳月は1947年創業です。

六花亭で有名なマルセイバターサンド、というお菓子があります。このマルセイというのは、〇の中に“成”の字が入ったデザインです。

このデザイン、晩成社という十勝を開拓した会社が出していたバターの缶詰のデザインとほとんど一緒なんですよ。

六花亭のマルセイバターサンドと晩成社の縁

そして、泰樹は十勝の開拓者の設定です。十勝で有名な開拓者と言えば、晩成社を率いた依田勉三

ただ、依田勉三は大正時代に亡くなっているので、直接六花亭に関わった訳ではありません。けれど、十勝で牛乳やバターを作った人です。

つまり、泰樹=依田勉三をオマージュした人物だとすると、依田勉三の作った牛乳やバターでお菓子を作った、という様にも読めますよね。

この晩成社が作っていたバターをモデルとして作られたのが、マルセイバターサンドだと言われています。

  • 父の代は和菓子屋=六花亭は和菓子屋千秋庵からのれん分け
  • 泰樹のバターや牛乳で創作菓子を作った=晩成社に関したお菓子が六花亭にある

となると、六花亭の創業者・小田豊四郎さんが小畑雪之助のモデルの可能性が高いです。つまり、雪月のモデルは六花亭、という事になりますね。

ちなみに、小田豊四郎さんは日本で初めてホワイトチョコレートを作った人でもあるんです。

ただ、柳月には三方六というバームクーヘンのお菓子もあります。これから、白樺の木をモチーフにしたお菓子が出てきたとしたら…柳月がモデル、という事にも。

が、しかしポスターで雪月組が持っている缶のデザインをよくよく見ていると、明らかにマルセイバターサンドでしたけどもね。

何にせよ、六花亭も柳月も、十勝にとってはどちらも素晴らしいお菓子屋さん。なので、この二つの良いところが混ざっていることに間違いは無いでしょう。

2019年6月追記

雪月のモデルは柳月だ、という話がそこかしこで聞かれるようになりました。

理由は、柳月は昔アイス屋さんから始まったから、作中で出てくるクッキーに似た商品を出していたから、などがあります。

そして、実際問題、柳月はなつぞらに関連した商品をたくさん発売しているんです。

おかめ
おかめ
って事はやっぱり柳月なのかな?

ただ、それでもやっぱり十勝のお菓子屋さんをモチーフにしている事は変わりないので、私の中では六花亭&柳月だと思っています。